ゴミ and 不用品回収
いろいろな種類のゴミや不用品を正しく処分する方法を学ぶ

新宿区で粗大ゴミを出すときのやり方を知ろう

新宿区にお住まいの方の中には、家で不要になった粗大ゴミの処分を検討しているケースもあることでしょう。新宿区が運営する粗大ごみ受付センターを利用するのであれば、事前に申し込むことによって、有料にて処分することが可能です。

ただし一口に粗大ゴミといっても、家具や寝具あるいは家電製品や自転車など、多種多様なものがあります。新宿区では品目や大きさ等によって、粗大ゴミとしての処分の可否、さらに処分の方法などが細かく決まっているので、あらかじめよくチェックしておくことが肝心です。

新宿区のゴミの処分

まず新宿区で粗大ゴミの対象になるものは、一辺の長さがおおむね30センチを超える家具や寝具、そして電気製品や自転車などが該当します。ただし家電製品のうち家電4品目とパソコン、さらに自動車やオートバイあるいはタイヤ、ピアノそして耐火金庫などは、対象品目に該当しないので注意が必要です。特に家電4品目とパソコンは、家電リサイクル法と資源有効利用促進法によってリサイクル義務が発生するので、指定のお店や業者で処分しなければなりません。ちなみに家電4品目とはエアコンとテレビ、そして冷蔵庫(冷凍庫)と洗濯機(衣類乾燥機)を指します。

粗大ゴミの具体的な出し方は、まず粗大ごみ受付センターへ電話かインターネットで申し込みます。その後は、回収を希望する粗大ごみの料金に相当する「有料粗大ごみ処理券」シールを購入し、粗大ゴミに貼り付けます。なお処理券を手に入れるには、「有料粗大ごみ処理券及び有料ごみ処理券取扱所」の標識があるコンビニ等のお店の他、清掃事務所や清掃センター、区役所7階のごみ減量リサイクル課や各特別出張所で購入できます。

粗大ごみ受付センター

回収当日の朝は処理券シールを貼った粗大ゴミを、予約受付の際に指定した排出場所に出します。一戸建ての場合には玄関先や門前、集合住宅であれば1階の出口部分のスペースなどが、排出場所としては一般的です。

なお65歳以上のひとり暮らしで、体力的に運び出しが困難な方や、身体に何らかの障害がある方については、粗大ゴミの運び出しから収集まで一連のサポートを実施します。