ゴミ and 不用品回収
いろいろな種類のゴミや不用品を正しく処分する方法を学ぶ

ゴミになった不要家電を捨てるには処分コストがかかる

家電製品は、ゴミとして捨てる際に、処分コストが発生しやすいです。具体的な額は自治体や捨てる家電、その量によって変わります。家電製品はしばしば買い替えや買い足しをするものです。不要になった物を自宅に置き続けるメリットは少なく、居住空間を広げるためにも不要な家電はゴミとして捨てた方がスッキリします。一方でテレビや冷蔵庫、エアコンなどの不要家電はなかなか処分するのが大変です。処分コストが高い点は勿論、そもそも本体が重たく形も特殊なので運搬が難しいです。女性や高齢者だけでは、そういった不要家電を粗大ゴミとして廃棄するのが困難であり、身近に頼れる人がいないと、不用品がずっと家の中に置かれたままになりかねません。

不要家電ゴミの処分コスト

不要なテレビや冷蔵庫やエアコンの処分に困った時は、友人や親せきの方々に相談してみましょう。自分たち家族としては不要になった、やや旧型の家電でも、例えば若いファミリー世帯や一人暮らしの大学生の若者なら必要としてくれるかもしれません。ゴミとして捨てる手間やコストが省け、更に友人や親せきの方々の節約にも貢献でき、更に家電自体がゴミにならないので環境保護の面でもプラスです。

リサイクルショップ

身近に譲渡出来そうな相手がいない場合は、リサイクルショップを利用してみるのも良い案です。街のリサイクルショップは、状態の良いエアコンやテレビ、冷蔵庫などを好条件で引き取ってくれます。一方で型が古すぎる物、コンディションがかなり悪い物、経年劣化が目立つ物については買取が難しいかもしれません。買取は困難でも、無料で引き取ってくれるなら処分コストが掛からないので、十分お得な結果になります。自宅まで訪問して、不要な難ありの家電を引き取ってくれるリサイクルショップは市民にとって有難いサービスです。