ゴミ and 不用品回収
いろいろな種類のゴミや不用品を正しく処分する方法を学ぶ

有害ゴミや危険ゴミとはどんなゴミでどのように処理するべきか

ゴミの中には危険性のあるものもあります。有害ゴミや危険ゴミと呼ばれているものもその1つ。有害ゴミとは、水銀を含んでいるものや乾電池のように酸性の液体が含まれているようなゴミを示します。

これらのゴミをそのまま処理してしまうと健康被害の可能性があったり、周辺の土壌に悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。そのため、燃えない物質であっても燃えないゴミの日や不燃物の日にそのまま出してしまってはいけません。処理する際には、各自治体ごとに指定されている日に指定の専用回収ボックスに捨てます。

有害ゴミや危険ゴミ

最近では、ショッピングモールなどにも専用のゴミステーションが設置されていることが多いので、そこを利用するのも良いでしょう。各自治体の回収日については、自治体が発行しているゴミ収集カレンダーなどに記載されています。

危険ゴミとは、発火性の危険物が含まれているゴミでスプレー缶や使い捨てライター、カセット式のガスボンベなどがこれに当てはまります。これらも一般の不燃ゴミとして処理してしまうと、処理段階で発火の可能性があり、個別の処理対応が必要になります。出し方は自治体によって決まっていますが、透明な袋に入れて指定日にゴミステーションに出します。この際に、必ず中身は使い切った状態で出しましょう。かつては必要であった穴あけのガス抜きは、必要ないところが増えています。

透明な袋に入れて周囲に危険性を周知することも大切です。大型のボンベなどで使い切ることができない場合には、住んでいる地域の環境事業所やリサイクルセンターなどに問い合わせると、処理方法を教えてもらうことができます。

有害ゴミや危険ゴミは処理する人が危険にさらされないようにすることが大切です。