ゴミ and 不用品回収
いろいろな種類のゴミや不用品を正しく処分する方法を学ぶ

家電リサイクル法に基づくゴミ処分の方法を身に付ける

家電リサイクル法とは、一般家庭から排出されたエアコン、テレビなどから使える部品をリサイクルし、廃棄物を削減すると共に、資源を有効活用しようという法律です。

家電リサイクル法

具体的にどのように処分すればよいのでしょうか。対象品目は、エアコン、テレビ、冷蔵庫および冷凍庫、洗濯機の4品目ですが、メーカーにより課せられるリサイクル料金が異なります。

次に、回収方法ですが、新しい製品に買い替える場合、購入店舗に引き取りを依頼します。処分するだけの場合は、処分する製品を購入した店に引き取ってもらいます。対応方法はお店により異なるので、事前に確認しておくとよいでしょう。この他、郵便局を利用して料金を支払い、指定の引き取り場所に直に持ち込む方法もあります。

一般廃棄物処理業

購入店舗で引き取ってもらえる場合、回収業者が回収日時に訪問してくれますが、まず「家電リサイクル券」に必要事項を記載します。そして、家電を引き渡すと、この「家電リサイクル券」の控えをくれます。これを利用すると、お店や家電リサイクル券センターのホームページ上において、リサイクル状況を確認できるのです。ただ、このような処分過程を経なければいけないのはなぜでしょう。それは、街を大音量で回っている一部の軽トラック、チラシで無料回収を謳う者の中に、廃棄物の処分を許可なく行っている業者がいるからです。

ここでの許可とは、自治体の「一般廃棄物処理業」のことです。つまり、無許可業者にゴミとなった家電を引き渡すと、適正な処分確認ができないからなのです。時に、不法投棄されたり、不適切に処理された挙句、有害物が放出されたりしています。

高額請求されるといったトラブルも起きているので、家電は適正な方法で処分するよう心がけましょう。